今日の過ごし方(音編)

音1のリズム 受容

スタートの時。
やりたい事をはじめる日に良い。
この日に刻印すると目標が叶いやすくなる。
受け入れる事がテーマ。起こることが自らの成長になる。
(マイナス感情・受け入れがたいことが起こりやすい)
すべては意思決定から始まります。
そのためには、明確な目標を持つこと。
その目標の根底にある、
「なんのために」を意識すると、本当に必要なモノが目の前に現れます。

音2のリズム 挑戦

挑戦する日。
挑むために身軽にしてそぎ落とす事が大切。
選択しなければならないことが起きやすく、決断をしっかりやる。
断捨離すると良い。
すべての関係は「尊重」で成り立ちます。
接して比較したり、自分の想いを必要以上に通したりしないことです。
互いに「尊重」することで、よりよい関係を維持することができます。
迷いと葛藤が出たときは、自分の直感を信じましょう。

●音3のリズム 未知体験

初めてのことにチャレンジする。
分けたモノをつなげるという意味があるので、人と人とをつなげることをやったり、奉仕をやったりするとシンクロを起こしやすくなる。
協力し合うことが大切。
「百聞は一見にしかず」
自分で実際に見て経験することが成長の鍵になります。
奉仕の心で行動する。人のために走り回ることで、強い信頼関係で結ばれた協力体制を築けます。

●音4のリズム 探究

あらゆる方向に関心が向きやすく、これを絞って集中し深く掘り下げる。
自身の専門分野に対する理解と応用力が高められます。
アイデア・ひらめきが降りて来やすい日。
現状に甘んじず、気づきと感動を意識して子供のような純粋さで過ごしてみましょう。

●音5のリズム 目標設定

中心を定める。
音1で立てた目標の見直し。
明確にする。
ここで刻印するとよい。
明確に決まったら刻印していく。
過去の自分の考え方を見直して、違うと感じたモノは手放す。
そして新しいモノを取り入れていく気持ちで出発しましょう。
このリズムが倍音のエネルギーに変わります。

●音6のリズム 尊重

マイペースで独壇場になりやすい日なので、マイペースが故の、自己中心的な思考に陥りがちになります。相手の事を思いやり尊重することでトラブルを防ぐことができます。
地に足着けて、思い描いた未来に向けて、「今」を意識してしっかり動きましょう。
音5で決めた事の情報収集で忙しくなる日です。

●音7のリズム 思い込み

音6で集めた情報を絞る日。
情報の中に自分にいらないモノもあるので、絞っていくことが大事。
そして絞ったモノをプラスの思い込みに変える。
思い込みが現実になるので、マイナスの場合はマイナスの現実になってしまうので気をつける。
波長を合わせる意識。
波長を合わせるには相手の感情に歩み寄る、相手を理解し受け入れる。
そうすることで同調し相手との理解も深まります。

●音8のリズム フォロー

生命あるモノと共鳴する。
動物・植物など、生きているモノに意識を向ける。
人に応援されやすく相手をフォローすることで助けてもらえる。
ときめくモノに大きなチャンスが音8の日。
調和・バランス・フォローがキーワード。
自分の考えだけに固執してこだわりすぎないように、寛容な心で過ごしましょう。
感謝の心が相手に伝わると幸せの連鎖になります。

●音9のリズム 傾聴

ワクワクドキドキの日。
いろんな逆境はありかもしれませんが、信じる心と明るさで吹き飛ばしましょう。
一つのコトに意識が向くと、自分の興味ないことはスルーしてしまう傾向にあります。こんな時こそしっかり聞いてみて、自分の視野を広げ、問題の解決につなげましょう。

●音10のリズム 調整

調整役になって人と人とをつなげる日です。
思いやりの心で信頼関係を築きましょう。
行き詰まったら慌てず焦らず向き合うことで新しい風が吹き流れが変わります。
音4のひらめきがここで結果でやすくなる日です。

●音11のリズム 初志貫徹

初志貫徹がキーワードで、初心に返る気持ちで過ごしましょう。
行動を起こす意図や動機を再確認する日なので、確認できたら貫く覚悟を改めて持つことで、周りの信頼も得ることができます。
13日間の最後の整理段階。
もう一度いらないモノを削って絞る。
断捨離をするといいですよ。

音12のリズム 共有

分かち合いの精神を意識ましょう。仲間が集まって問題解決する日です。
誠実な気持ちで人への協力を惜しまない心が周りの人に共感を与えます。
楽しいこともつらいことも仲間と共有することで、解決策が見えてくることが多いです。

●音13のリズム 没頭

13日のリズムの仕上げの日です。
没頭して集中することを意識しましょう。
迷いが出たら自分の直感を信じて行動。
今日起こることは、いいことも一見そうでないこともすべて受け入れる。
これは自らの成長のきっかけとなります。